部屋探し再度は現実不可能

部屋探しはめっちゃ大変。私、風呂、シャワーゼロな場所借りた。無くても大丈夫!銭湯行きゃOK!と思い込んでた。

が、実際、銭湯の値段高く、加えて面倒な事もあり、中々行けず...。けど体臭他、色々気掛かり。結局...部屋探しに必要な事、やはり自分が耐えれるかという事だろう。

風呂無い環境も可能な私、けど本心は欲しい。そういった葛藤が必ずある。避けれねー筈。ま、実際住んで分かり、感じてゆく気持ち。

簡単に引っ越しや部屋探しを、再度する気には...。凄まじく大変なわけよ。中々好条件見つからず、家賃、場所、間取りを考慮すれば、どーにも都心で安価な場所、ゲットは難易度MAX。

本当、そー思えば部屋探し、大成功。我が家が都にすら思え、感慨深さ感じる。が、此処でどーにも自分、退廃的ライフを過ごす為、打開する必要ありな訳さ...。

「引越せば?」嫌、面倒。家族からは言われるが、本当、荷物多すぎ、費用高すぎ。よほど緊急性無ければ、鞍替え不可能。ふぅ...膠着状態だわ。